男性

エネルギー削減に取り組むならビルの省エネ化を目指そう

エネルギー消費の削減方法

ビルの模型とレディ

消費される場所

会社にとって大きく削減したいものの一つに、ビルのエネルギー消費が挙げられます。これを削減し省エネに変えることで、経費を抑えることが出来、無駄な支出を減らすことが可能となります。ここでは、ビルにおける省エネ対策をご紹介します。まずは、どの部分で一番エネルギーを消費しているか把握することが大切であり、ビルで消費するエネルギーを分析すると、オフィスでのエネルギー消費量が一番高くなります。一般的に、共同で使用する部分よりもオフィスで使用するエネルギーが高くなる理由として、空調や照明、コンセントなどで使用されるエネルギー消費量が高いことが挙げられます。そして、このエネルギーは電力や熱量、ガスの消費によるものが主となり、それぞれを削減する努力が必要となります。

効率の良い削減方法

ビルの省エネを目指す場合、効率良くエネルギーを使用できる環境に整えることが重要となります。例えば、ブラインドを閉めるなど外気との接触を最小限にすれば、室内の温度は低く保たれます。夏場はブラインドを閉めてから退社することで、翌日の室内の温度を低くすることができるのです。また、空調を運転時間は短い方が省エネとなるので、残業を減らす会社側の努力も必要となります。空調の時間を設定できる場合は、就業時間にそって運転すると効率が良いのです。そして、残業を行う場合は、部分的に照明をつけるなどの工夫をしましょう。さらに、室内の温度を適正なものにし、軽装を認めることも、企業側でできる項目となります。政府の推奨する温度があるので、参考にすると良いでしょう。

ユニホームの選び方

作業員

作業用のユニホームを注文する方法は、大きく分けて二種類あって、カタログから選ぶかオーダーメイドするのかになります。いずれにしても、予算や色、素材に関しては、あらかじめ細かく決めておくことでスムーズに選べます。

もっと読む

仕事の生産性があがる

メンズ

事務所にフェンスを設置することで、周囲の目線が気になることがなく、仕事に集中することができます。これは社員で協力して設置することも可能ですが、施工会社に依頼することで本来の業務に集中することができるのでおすすめです。

もっと読む

農家の新しい副収入

ソーラーパネル

ソーラーシェアリングは、耕作中の農地に一定の法則にのっとってソーラーパネルを設置し、太陽光発電事業を兼業することをいいます。作物の出来に影響を及ぼさず、収入の増加を図れる手段として注目が集まっています。

もっと読む