ユニホームの選び方|エネルギー削減に取り組むならビルの省エネ化を目指そう
作業員

エネルギー削減に取り組むならビルの省エネ化を目指そう

ユニホームの選び方

作業員

それぞれの特徴を知る

作業用のユニホームを購入する際には、大きく分けて二種類あるのですが、その中の一つがカタログから選ぶという方法です。すでにある程度の在庫があるのなら、作業用のユニホームを注文してから納期までが短期間で済むというメリットがあります。それから比較的費用が抑えられるため、会社のコスト削減にも役立ちますし、作業用のユニホームを作っている業者の中には、一枚からでも対応してくれるところもあるので相談してみましょう。次にオーダーメイドをするタイプですが、こちらは少し金額が高くなりますが、望むデザインにできるというのが一番良い点です。例えば既製品ではなかなか見かけないような大きいサイズ、逆に小柄な人用の作業用ユニホームでも、お願いすることが可能です。

決めておきたいこと

いずれかの方法で作業用ユニホームを注文するのだとしても、決めておかなければならないことがあります。まずは、予算に関してですが、真っ先に業者に伝えておくことで、どのようなものが買えるのかを教えてもらえるため、選びやすくなります。数量との兼ね合いになってくるため、業者に見積もりをしてもらうと良いでしょう。色にあまりこだわらない人もいるのですが、会社のイメージに合っているものを選びたいですし、社員の希望を聞くという方法もおすすめです。素材にもこだわっておくと作業用のユニホームは使いやすくなるのですが、これはどんな仕事で使用するのかでも違ってきます。それから夏用と冬用で使い分けられるように、最低でも二着は欲しいところです。