農家の新しい副収入|エネルギー削減に取り組むならビルの省エネ化を目指そう
作業員

エネルギー削減に取り組むならビルの省エネ化を目指そう

農家の新しい副収入

ソーラーパネル

耕作しながら発電事業

現在、石油や石炭などの化石燃料にできるだけ頼らない持続可能な社会を実現する手段として、再生可能エネルギーに注目が集まっています。中でも太陽光発電は、陽射しというエネルギー源の入手しやすさとメンテナンスのしやすさから普及が進んでいます。そして最近ではこの太陽光発電を、農家のサイドビジネスとして確立する手法が話題を呼んでいます。それがソーラーシェアリングです。ソーラーシェアリングは、農地にソ−ラーパネルを設置し、発電事業を行うことをいいます。といっても休耕地にではありません。耕作中の土地に設置して、同じ土地の上で農作業と両立させるというものです。エネルギーの産出ばかりでなく、「持続可能な農業」の実現にもつながるとされています。

本業への影響は心配なし

ソーラーシェアリングの理論的研究は、とある日本人研究者の手によってなされました。その研究によれば、パネルの高さや間隔などを一定の法則に従って調整すれば、農作物に必要な日照を損なうことなく太陽光発電を同時に行えるというのです。さらに政府もこのシステムを農地の一時転用として認め、普及を容認する考えを示してています。こうしたことから、今後は導入を進める農家が増加することが予想されます。ソーラーシェアリングで得られた電力は自家使用できるほか、余剰分を売電することもできます。そのため、新たな土地取得などを行わなくても収入を得られることになるとして人気を呼んでいます。また、現金収入の増加によって農家の後継者問題を解決する一助にもなると期待されています。